診療案内

予防歯科
予防歯科とは

正しいブラッシング

虫歯や歯周病の原因は歯と歯茎の間に溜まる歯垢(プラーク)と
歯石に繁殖するバイ菌が原因です。
このプラークをブラッシングなどで除去することをテレビや雑誌などで
紹介されるプラークコントロールといいます。

しかしただブラッシングさえしていればプラークコントロールが
されていると思い込み、知らず知らずのうちにブラッシングがされて
いなかったところから虫歯や歯周病が進行してしまうことが多々見られます。

そうならないよう当院では患者様の歯に合わせたブラッシングの指導を致します。
指導を受けていただければ日常からの無駄のないブラッシングが
できるためより正しいプラークコントロールが可能です。

PMTC

PMTCとはプロフェッショナル・メカニカル・ティース・クリーニングの略で専門的な知識ある医師が専用の道具で歯をクリーニングする方法です。
PMTCなら歯の菌を除去出るだけでなく着色による汚れを綺麗にし光沢をだすことも出来ます。

Step1:

事前に歯石の付着がある場合は除去しておきます。
Step2: 歯に染め出し液を塗って歯の汚れを確認します。
Step3:

重炭酸ナトリウム塩を専門器具で歯に吹きかけ着色汚れを除去します。

Step4:

フッ素配合の研磨剤を歯や歯の隙間に注入し歯を磨いていきます。

Step5:

口の中を洗浄し歯にフッ素を塗布しコーティングします。


フッ素治療とは
フッ素
歯の表面のエナメル質は、ハイドロキシアパタイトというものでできています。このハイドロキシアパタイトは非常に硬い組織ですが、酸にはよく溶け、壊れやすい特徴があります。
そこで、虫歯菌の出す酸で溶けだした歯の表面にフッ素を塗りエナメル質に作用させることで、フルオロアパタイトという、酸に溶かされにくい強い歯質に変えていくことできます。
フッ素の効果
  • 酸性に傾いた口の中を中性に戻す
  • 初期虫歯の再石灰化を促す
  • 知覚過敏を緩和する